fc2ブログ
page top
親孝行ができました。
4月12日。火曜日。

昨日は 母の一番の親友の先生が 母のところにお見えになりました。

昨年も遊びにいらして下さり、

そのときの母の喜んだ顔が 今も忘れられません。

今回のことで先生も大きなショックを受けられ、

それでも 母の前で お花見みたいにお寿司を一緒に食べましょう!

おっしゃって下さいました。

先生は9時にお家を出て2時間半、 私はバス停で待っていました。

リュック姿の先生。

「ママ、先生がいらしてくれたよぅ!」



先生の一番のお土産は 折り紙の鶴。

とても大切に包まれていました。

先生のお姉さんが折り紙の有名な先生で 母のことを聞いてすぐにお願いして

高知から送ってもらったのだそうです。


DSC00468_20160412012529953.jpg

DSC00469_20160412012529fab.jpg


調べてみたら <連鶴>と呼ばれ 一枚の和紙で作られています。

まるで手をつないでいるようです。


「私と妹や皆の所を  二羽で仲良く 自由に飛び周って欲しいから」 って。

早速 両親のところに供えました。


DSC00480.jpg

しばらくお話しをして、   それでは お昼にしましょう。

私はスパゲティサラダと お吸い物を家から作って持って来ていました。

先生のちらし寿司!

ちくわ・鶏肉・にんじん・しいたけ・油揚げ・海老・薄焼き玉子・ごま・さやえんどう

それぞれ別々に煮てあります。

さすが お料理の先生!

それと 初めてシソを入れてみたのだそうです。

私もシソは初めてでしたが、お寿司にピッタリでした!


DSC00476.jpg

父と母にも。

「美味しいねぇ!」

珈琲の大好きな先生と 珈琲とお菓子を食べて 話しは尽きなくて 

そろそろ先生もお帰りにならないと。。。


先生に何か形見分けをしたいのですが。。。と色々探して

「先生 これは?」

ずっと使って無くて 食器棚の奥にあった母のお気に入りだった珈琲カップ。


DSC00483_201604120125270b8.jpg

DSC00484 - コピー

何と それは先生の山中湖の別荘に連れて行ってもらったときに立ち寄った窯元で 

母が買ったカップなのだそうです。

著名な會田雄亮さん(あいだ・ゆうすけ)の作品

「それでは先生 使って下さい!

先生が使って下さるなら 母もきっと喜んでくれる!」


タオルに包んでリュックに詰めて、先生もとても喜んで下さり 

すぐに使う とおっしゃって下さいました。


後は 私が母に買った着物にも合う新品の赤いバッグと 

小さなお財布を形見にもらっていただきました。


DSC00485.jpg

先生と明るく手を振って バス停でお別れ。

母より7歳以上年下の先生ですが、

母がすっかり頼りにしていたのがよく解りました。



親孝行ができて とても嬉しい一日でした。
スポンサーサイト



© hrmn.D. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG